M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月27日に、株式会社博報堂と株式会社東北新社の2社が
「株式会社博報堂ケトル」の設立を発表しました。

設立目的:
コミュニケーション戦略構築から実行までを一貫してプラニング・プロデュースし、
メッセージからメディアを含むタッチポイントまでを同時に開発し、
既存のアプローチにとらわれない新しい広告キャンペーンを提供する。

設立背景:
生活者と企業のタッチポイントの多様化による非マスメディア化のため、
広告主はマスメディア主軸の広告手法だけではなく、新しいソリューションによる
投資効果の最大化を求めている。

博報堂ケトルは、「手口ニュートラル」という新しい考え方を導入し、
企業に新しい広告キャンペーンを提供すると言っています。

博報堂の「手口ニュートラル」の説明では、
「最適なターゲットに最適なメッセージを最適な接点において伝えるための「メディアとクリエイティブの組み合わせや仕掛け」を構築する手法です。
従来型のメディア中心の発想ではなく、課題を解決するために最も効果的なアイデア=「手口」から発想します。
例えば、既存の広告キャンペーンにエンタテインメントコンテンツ(出版物や映画など)を連動させるなど、マスメディアにネット・店頭・口コミを総合的に組み合わせることで、世の中に「動き」を作る広告キャンペーンの開発を行っていきます。」

読んだ感想ですが、
元々から「課題を解決するため」に媒体を選ぶべきな気がしますね。
まぁ、今までマスメディア主導だったのは仕方がないことで、
インターネット広告の台頭により、マスメディア以外というものが
広告主に認知されたということでしょうか?

それとも、マスメディアは博報堂本体が抑えていますから、市場創出でしょうか?

いづれにせよ、最近広告代理店の動きがあわただしいような気がしますね。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/99-d2c3cf1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。