M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながらソフトバンクのVodafone買収ネタです。

世間を騒がせた今回の買収。
1兆7,500億円は高い買い物という話もチラホラ聞きますが、
孫社長の言うとおり「時間を買った」ということでしょうね。

元々は前にも買収を試みていたそうですが、
今回の元々はVodafoneから回線を借りよう(MVNO)ということだったのが、
フタを開けてみればと買収劇でした。

Vodafoneの日本国内ユーザーは1,514万ユーザー(業界3位・シェア16%)で、
ネットワークの人口カバー率は99%以上。
携帯事業をこれだけスピーディーにできるのは買収ぐらいのもでしょう。

孫社長は、
「新規であれば(最初は)ユーザーが少ないため、端末を製造してくれる企業も少なくなる。1,500万ユーザーの基盤を得たことで、メーカーと交渉しやすくなったのは重要な要素の一つ」
と言っており、斬新な携帯の確保を有力メーカーと交渉できるメリットは大きいです。

インフォプラントのアンケート調査では、
次の端末を購入する際に「選択のポイントとしたいこと」(複数回答)では、
「購入価格」「本体の形状・デザイン」「本体の大きさ・重さ」が上位を占めている。

また、ネプロジャパンの調査での「買い替え時に重視すること」は、
「デザイン」(76%)、「価格」(67%)、「ディスプレーの見やすさ」(60%)が上位と、
やはりデザインは非常に重要なファクターとなっており、
今回のソフトバンクの端末調達の利点は相当大きいものです。

さらにソフトバンクの強みはもちろんYahoo!。
強力なコンテンツを山ほど持っているYahoo!は、キャリアにとっては脅威そのものでしょう。
Yahoo!は既にモバイル向けに「Yahoo!コンテンツストア」を持ち、
MNPを期にコンテンツを集めていましたが、今後はキャリアということになります。

Yahoo!井上社長は、
「インターネットはまだまだ多くの潜在力をもっているが、いまのインターネットは主にPCでの利用だ。人がいるさまざまな場所・時間・状況で、色々なツールを用いてインターネットにアクセスできるようになれば、一人一人のユーザーにとってより便利になる。
ヤフーはそういうものに挑戦していきたい。
これまで(携帯電話での)インターネット利用はキャリアに依存する面が強く、本来のオープン性を享受できていなかった。今回、よりキャリアに近い立場でサービス提供できる機会を得た」
と話し、今後のYahoo!のポジションに期待です。


孫社長は現在のDoCoMo、auの追走への対策を、
①つながりにくい場所を解消するためのネットワーク強化
②コンテンツの拡充
③営業体制の確立
④端末の品揃え
とし、いよいよ正面対決が実現します。

ADSL事業で日本をブロードバンド国家へと買えたソフトバンクの携帯事業参入。
しかも、新規ではなく、3キャリアの一角としての参入。

期待してます!!孫社長!!


■余談:今回の買収手法
今回の買収では、ソフトバンクが設立する子会社を通じてLBOを行い、1兆1,000億~1兆2,000億円を調達。
さらに金融機関からの資金調達はノンリコースローン(Nonrecourse Loan)と呼ばれる方式を採用。
孫社長は、
「ノンリコースは、ソフトバンク株主からみれば財務リスクを遮断できる」と指摘。

■用語説明
○LBO(Leveraged Buy-Out)

買収対象企業の資産あるいは将来キャッシュフローを担保にした負債(借入金・債券)を買収資金にして行われるもの。
 買収資金の一部または大部分を、自己資金ではなく負債を充当することで、少ない手持ち資金により大規模な買収を行うことができ、かつレバレッジ効果によってキャピタルゲインの大幅な増加を狙うことができる。

一般的なスキームは、次のようになる。
まず買収側(ファンドなど)が出資して受け皿会社を設立する。この受け皿会社が金融機関から融資を受けるか、社債(ジャンク債)を発行して買収資金を調達する。受け皿会社はこの資金で対象企業を買収し、その企業と合併して新会社を発足する(営業譲渡の場合もある)。新会社が受け皿会社から継承した負債は、買収対象企業から継承した事業の利益(キャッシュフロー)、もしくは資産売却の代金によって返済される。

(出展:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/lbo.html

○リコースローン(遡及型ローン):
担保にした資産以外その会社、人や連帯保証人に対して返済義務が生じる融資を遡及型融資つまり遡及型ローンと言います。

○ノンリコースローン(非遡及型ローン):
担保にした資産以外に債務が及ばない融資のこと。
会社、人の信用を担保にするリコースローンとは異なり、資産そのものの収益力を担保に融資する。ただし、ノンリコースローンのデメリットとしては、リコースローンより金利が高い。

(出展:http://hudohsan.info/hudoh_column/hudohsan_02.html


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/96-967de385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。