M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて取り上げるテーマは「団塊の世代」です。
「団塊の世代」への調査結果がありました。

「団塊世代・シニア世代の情報コミュニケーションに関する調査」
http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease298.html

調査会社:凸版印刷株式会社 消費行動研究室
調査期間:2005年3月9日~3月21日
調査手法:郵送法による定量アンケート調査(調査モニターに対して実施)
調査対象:団塊世代(昭和22~24年生まれ、現在57~59歳)、
      シニア世代(昭和12~14年生まれ、現在67~69歳)の男女
有効回答数: 447人(団塊世代225人、シニア世代222人、回収率 56%)

■「情報メディア接触と意識」
○商品購入時に参考とする情報媒体について(上位3位)
「折込みチラシ」(団塊世代70%、シニア世代65%)
「口コミ」(団塊世代69%、シニア世代67%)
「新聞広告」(団塊世代68%、シニア世代74%)

私は「折込みチラシ」なんて全く見ないですが、
両世代とも一番参考にされてます。
時間があるからでしょうか?

また、「ホームページ」(団塊世代32%、シニア世代13%)と団塊世代がシニア世代を
倍以上、上回っています。
団塊世代はリテラシーが高いです。

○見づらいと感じる情報媒体について(上位3位)
「携帯電話用サイト」(団塊世代32%、シニア世代24%)
「携帯メール」(団塊世代32%、シニア世代20%)
「商品そのもの・パッケージ」(団塊世代22%、シニア世代23%)

○情報媒体を見づらいと思う理由について
「文字が小さい」(団塊世代64%、シニア世代64%)
「文字量が多い」(団塊世代47%、シニア世代52%)

これはもう予想通りです。
文字が小さいことに付随して文字量が多い結果になってるような気がします。
文字さえ小さければ、パソコンより圧倒的に使い勝手がよい携帯電話なので
普及するのは時間がかからないような気がします。


■「ITリテラシー」
○デジタル媒体の活用意向について
シニア世代:47%
団塊世代:66%

○インターネット利用
団塊世代:56%
シニア世代:35%

○ホームページ閲覧頻度
「ほぼ毎日」シニア世代:9%、団塊世代:24%

やはり団塊世代はまだまだリテラシーは高いようです。
普及は可能ですね。


■「コミュニケーション」
○夫婦で一緒に行うことについて(上位3位)
「会話をする」(団塊世代62%、シニア世代68%)
「旅行に行く」(団塊世代 60.7%、シニア世代72.5%)
「外食をする」(団塊世代60%、シニア世代68%)

○携帯電話で連絡を取り合う
団塊世代:33%
シニア世代:18%

○携帯メールで連絡をとりあう
団塊世代:26%
シニア世代:8%

団塊世代の携帯電話利用はちょっとしたきっかけで
行くような気がしますね。

■「消費・価値観」
○重点をおきたい出費について(上位3位)
「自分の楽しみや趣味のための出費」(団塊66%、シニア67%)
「精神的に豊かになるための出費」(団塊50%、シニア42%)
「より健康になるための出費」(団塊48%、シニア50%)


おもしろい調査でした。
団塊世代、シニア世代をターゲットとしたビジネスはますます拡大しそうです。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/93-15936acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。