M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は「QRコード」を採り上げます。

■QRコード
ご存知のとおり、最近の携帯電話には殆ど搭載されてる機能で、
用途としては、URL入力の手間を省くなどの目的で使われています、
PCのWEBサイト、雑誌や名刺など見る機会は多いと思います。

■QRコードの技術
あんな見た目ですが実は高機能です。

・位置検出パターン(切り出しシンボル)
  QRコードシンボルの3コーナーに配置される3個の位置検出用パターンのこと。
  まずこのパターンを検索することでQRコードの位置を認識することができ、
  高速な読み取りを可能にしている。
・タイミングパターン
  白セルと黒セルが交互に配置され、シンボル内のモジュール座標を決定するの
  に使用。QRコードには位置検出パターンの間の2箇所に配置されている。
・誤り訂正符合(リードソロモン符号)
  QRコードの一部分が損傷した場合においてもデータを損失することがなく、
  復元することができるようにリードソロモン法を用いて生成された符号のこと。
  誤り訂正には、シンボルの損傷の度合いに応じた4段階のレベルを持っています。
  例えばレベルMではコード面積の約15%が損傷した場合でもデータの復元が可能。

■QRコードのデータ
QRコードは、数字、英数字、漢字、バイナリを利用可能です。
数字:7089文字、英数字:4296文字、漢字:1817文字の大量データを持つことができます。

■QRコード用途
さて、そんな素晴らしいQRコードですが、
日本で最も普及している2次元コードだそうで、
日本自動車工業会、日本自動車部品工業会が現品札(カンバン)で使用しており、
コンタクトレンズ協会、日本文具紙業協会でも現品ラベルとして使用しるそうです。


ICタグよりもコストが安いので、
アイディア次第ではいろいろなことができそうですね。



スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/85-3c9dcd4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。