M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電通総研の恒例のインターネット広告費の試算発表がありました。

「2005 年~2009 年のインターネット広告費に関する試算」

↓PDFファイル↓
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2006/pdf/2006009-0220.pdf

ダイジェストでお送りします。

■2009年の見通し
インターネット広告費全体:5,660億円
WEB広告費:3,304億円
検索連動広告:1,292億円
コンテンツ連動広告:139億円
Eメール広告:150億円
モバイル広告:775億円

※WEB広告費:バナー広告、テキスト広告、リッチメディア広告、企画広告

■WEB広告費全体
2005年1,700億円だったが、2009年には3,304億円の見通しで、
平均約18%の成長率。

■検索連動広告
アメリカでは40%のシェアを持つ検索連動広告が、国内でも本格的波及。
2004年にには約300億円だった検索連動広告は、
2008年には1000億円を超える見通しで、WEB広告費に告ぐ2番目となる。

■コンテンツ連動広告
2005年13億円だったコンテンツ連動広告は、2009年には139億円の見通しで、平均80%以上の成長率。

※コンテンツ連動広告:
アルゴリズムを活用し、サイトのないように適合する広告を判別し、配信、表示する仕組みをともなう広告形態。
コンテンツ連動広告の多くは、クリックされた回数に応じて広告費を配分する成果報酬型。

■Eメール広告
2005年に119億円だったEメール広告は、2009年は150億円と、成長率は低く、平均5%いったところ。

・・・世代交代ですね。

■モバイル広告費
2005年に300億円だったモバイル広告費は、2009年には775億円と、
平均25%以上の成長率。
パケット定額の移行が後押し。
ほかに、モバイル決済、1セグなど新しいサービスが新たな広告市場を創出。


事実のみ。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/69-2d16e645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。