M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場調査モノです。

「アフィリエイト広告の市場動向調査」

↓矢野経済研究所のレポート。
http://www.yano.co.jp/press/2006/060217.html

調査会社:矢野経済研究所
調査方法:同社研究員の直接面接取材、電話取材、インターネット調査を併用して実施
調査期間:2005年11月~2006年2月(発表:2006/2/17)
有効回答数:アフィリエイト広告事業者16件、広告出稿企業52件、ウェブサイトおよびブログの開設者105件、その他インターネットユーザー354件

■アフィリエイト広告市場動向
○全体
2002年度(02/4~03/3)35億9,000万円
2003年度(03/4~04/3)76億7,000万円(前年度比113.6%増)
2004年度(04/4~05/3)177億4,000万円(前年度比131.3%増)
2005年度(05/4~06/3)314億3,500万円(前年度比77.2%増)

○PC向けアフィリエイトサービス市場
2002年度(02/4~03/3)32億5,000万円
2003年度(03/4~04/3)70億7,000万円(前年度比117.5%増)
2004年度(04/4~05/3)151億3,000万円(前年度比114.0%増)
2005年度(05/4~06/3)251億7,500万円(前年度比66.4%増)

2003年度、2004年度よりは鈍化するが、大幅な規模拡大が続く。

○携帯電話向けアフィリエイトサービス市場
2003年度(03/4~04/3)6億円
2004年度(04/4~05/3)26億1,000万円(前年度比335.0%増)
2005年度(05/4~06/3)62億6,000万円(前年度比139.8%増)

PCが市場を牽引するが、2004年度より本格化してきた携帯電話のアフィリエイト市場は急拡大中です。

■アフィリエイト広告の内訳
○広告事業者が媒体と広告主を仲介する「代理店型(ASP型)」
○ショッピングモール型電子商取引(EC)サイト内で加盟店の広告を掲載する「モール型」、
○ECサイト運営者が自社の広告を直接媒体に提供する「独自型」など。

■アフィリエイト広告のメリット
○広告主にとって費用対効果が明確。
○低コストで販売網の拡大を行える
○ブログ運営者などの媒体側は、無料で導入できるサービスが多い

■矢野研究所の今後の予測
○大企業によるアフィリエイト広告出稿の本格化、物販系アフィリエイト市場の拡大が進む。
○2次元コード読み取り機能を備える携帯電話機の普及により、紙媒体とウェブサイトを連携したアフィリエイト広告も増加する。
○2008年のアフィリエイト広告市場をパソコン、携帯電話向けあわせて1064億円と試算している。


といったところで、盛り上がってるようです。
最後の矢野研究所の予測の「紙媒体とウェブサイトを連携したアフィリエイト増加」、
これは面白いですねー。
確かにアフィリエイトってついつい固定観念で「アレがアフィリエイト!!」って
思いますが、様々な形のアフィリエイトって確かにありえますね。
ちょっと今後のアフィリエイトの新しい試みって楽しみです。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/68-26f24d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。