M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は「ターゲティング広告」についてまとめてみます。

では、まずマーケティングにおけるターゲティングの概念を。

「ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき,嗜好(しこう)や興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。」
(出展:Goo辞書「ターゲティング」

ま、そうでしょうね。
まさに「ターゲティング」です。間違いないです。



では、従来のターゲティングを簡単に見てみましょう。
1.商品開発(もちろんその前にセグメンテーション等してます)
2.ターゲティング
3.ターゲットに即したメディア選択
4.広告展開

さて、ではWebでの広告だとどうか?
1.商品開発
2.ターゲティング
3.広告展開

そうです。メディア選択の必要がないんです。
なぜなら、Web広告配信自体がターゲティングするからです。
しかも、確実に。

Google Adsenseなんかの広告を利用してる方は既にわかってると思いますが、コンテンツと広告は完全に分離されています。
そうです。サーバー自体が別々なんです。

コンテンツの内容とユーザ属性に即した広告が配信できる仕組みになってるわけです。
冒頭でGoo辞書の「ターゲティング」を紹介しましたが、まさにそれが簡単にできる世の中になってきてるわけです。

今までスーパー、飲食店やショップは、ポイントやクーポンなんかで、消費者をつって会員登録させて顧客属性を知り、なんとか効果的なDMでも打って買わせてやる!!なんて思ってたことが、Webの出現で簡単になりました。

何度も登場させてますが、SNSなんてものは気軽も甚だしいです。
だって、入会時に年齢、性別、住所、趣味まで登録しちゃうんですから。
mixiを挫折した俺なんで、実際は知らないですけど、相当精度の高いターゲティングが可能になってるのではないでしょうか?
(最近、auの広告をTOPページに出してましたね。今回挙げてるターゲティングとは違いますけど、まぁ、mixiの年齢層がターゲットでしょうが)


Web広告の最大の特徴はここなんですよね。

従来のマス媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)ができなかったこと。

(雑誌は相当ターゲティングできますけど)

マスなものほど、弱い。あたりまえだ。

自分を公開すればする環境にあればあるほど、企業の魔の手は伸びてくる。
・・といっても、当然マッチするはずなので有益なはずですけどね。

・・・便利な世の中ということにしとくかぁ・・・・。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/24-1752e54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。