M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/5、ベルギー王立美術館展に行ってきました。
場所は上野の国立西洋美術館。
TS320683.jpg


↓公式HP↓
http://event.yomiuri.co.jp/royal/

実はあまりフランドル絵画は好みではないので、
デルヴォーマグリットを見るか、という気持ちでした。


・・・ところが、素晴らしかった!!


個人的には「大エルミタージュ美術館展」よりも楽しめました!!
(「大エルミタージュ美術館展」が、かなり肩透かしだったもので。。。)

ベルギー王立美術館展は20点ほどのデッサンを含めて全部で109点。
見ごたえ充分&ここ最近の展覧会の中でも個人的にNo.1です。

-----俺セレクト 感動の名画たち↓-----

●ピーテル・ブリューゲル[父?]「イカロスの墜落」
20061207120723.jpg

 イカロスが手前の端っこに落ちています。
 本邦初公開のブリューゲルの名画です。今展覧会の目玉です。
 ※イカロス (Ikaros)は、ギリシア神話に登場する人物の一人。
  伝説的な大工・職人ダイダロスとナウクラテの息子。
  クレタ島のミノス王の不興を買い、父子は塔に幽閉されてしまう。
  彼らは蝋(ろう)で鳥の羽根を固めて翼をつくり、空を飛んで脱出したが、
  調子に乗ったイカロスは高く飛びすぎて、太陽の熱で蝋を溶かされ墜落死した。
  (出展:Wikipedia

●ピーテル・ブリューゲル[子]「婚礼の踊り」
20061207120822.jpg

 ブリューゲルは本当に表情豊かな楽しい人間たちを描きます。

●ペーテル・パウル・ルーベンス「聖ベネディクトの奇跡」
20061207120902.jpg

 併せてドラクロワの模写もあります。

●アンソニー・ヴァン・ダイク「酔ったシノレス」
●アンソニー・ヴァン・ダイク「イエズス会神父ジャン・シャルル・デッラ・ファイユ」
●ヤーコブ・ヨルダーンス「サテュロスと農民」
 ※サテュロスはギリシア神話に登場する半人半獣の自然の精霊。

●ヤーコブ・ヨルダーンス「飲む王様」
20061207120850.jpg

●コルネルス・ハイスブレフツ「ヴァニタス」
●ベルトレ・フレマル「ピュロスの死」
 ※古代ギリシアのエペイロスの王。エペイロス王アイアキデスの子。戦術の天才として名高い。
  (出展:Wikipedia
●フィリップ・ヴァン・ブレー「家族に囲まれ、庭で制作するルーベンス
●ルイ・ガレ「十字軍によるアンティオキアの占拠」
●ルイ・ガレ「芸術と自由」
●アルフレッド・ステヴァンス「秋の花」
●アルフレッド・ステヴァンス「アトリエ」
●フェリシアン・ロップス「口論」
●イポリート・ブーランジェ「秋の朝、アンセレム」
●ジェームス・アンソール「ロシア音楽」
●ジェームス・アンソール「黄金の拍車の戦い」
 素晴らしかった。初めて見ましたが素晴らしかったです。
 もっと見たい!!と思いました。
●フェルナン・クノップフ「シューマンを聴きながら」
20061207120734.jpg

 こちらも素晴らしかった。アンソールクノップフは諍いがあったようですが、
 どちらも素晴らしい画家で、ベルギー象徴派の代表的人物だそうです。
 この絵は手に注目がいきます。手が中心に描かれており、手だけがやたら写実です。 
 そのせいか、私もシューマンを聴いてる気分になれました。
●コンスタン・モンタンド「踊るニンフ」
 ※ニンフは、ギリシア神話などに登場する精霊あるいは下級女神。
  山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。
  一般に、歌と踊りを好む、若くて美しい女性の姿をしている。
  オリュンポスの神々のような完全な不老不死ではなく、ただ非常に長命であるとされる。
  また、樹木のニンフなどは、守護している樹木が枯れると自身も共に死ぬという。
  (出展:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%83%95
●ウイリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク「孔雀」
●エミール・クラウス「陽光の降り注ぐ小道」
20061207120804.jpg

 光が瑞々しい!!

●エミール・クラウス「太陽と雨のウォータールー橋」
 エミール・クラウスは印象派的な描き方で好みでした。
 モネをかなり想起させる素敵な絵です。

●アンリ・エヴェヌプール「大きな帽子を被ったアンリエット」
●レオン・スピリーアールト「帽子の女」
●ポール・デルヴォー「ノクターン」
 この不思議世界はデルヴォーですね。不思議でした。。。
 ※ちなみに「ノクターン」とは日本語訳では夜想曲で、
  クラシック音楽の曲名のひとつだそうです。

●ルネ・マグリット「光の帝国」
20061207120837.jpg

 よく見る絵の本物です。さすがに本物を見ると感動しますね。。。



はっきり言って本当に素晴らしい展覧会でした。
大エルミタージュ行くなら、絶対こっちに行った方がいい!!
是非!!

ちなみにイルミネーションしてます。
TS320680.jpg


カレーの市民たちも考える人もイルミネーションにまみれてました。


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/163-567f187b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。