M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/7、渋谷「Bunkamura」に行ってきました。
http://210.150.126.198/shokai/museum/lineup/06_pimodi/index.html

リール美術館所蔵 ピカソモディリアーニの時代」と銘打たれた展覧会で、
お目当てはもちろんアメデオ・モディリアーニです。

ところが!!
ピカソモディリアーニと銘打たれておきながら!!

1.ピカソキュビスムの世紀 (ピカソ、ブラック、レジェなど)
2.モディリアーニと芸術の都パリ (モディリアーニルオー、ユトリロなど)
3.ミロとシュルレアリスムから抽象画 (ミロ、マッソン、クレー、カンディンスキーなど)
4.ビュッフェと素朴派 (ビュッフェ、ボーシャン、ランスコワなど)

・・・という構成。
モディリアーニは確かにデッサンも含めてそこそこあるのですが、
いうほどメインでもなんでもない。
むしろキュビズム主体?っていう感じでした。

とはいえ、なかなかの展覧会。
基本にあるのはセザンヌからの流れのように感じました。
フォービズム、キュビズムが集まった展覧会を見たことがなかったので、
それはそれで満足。

おかげで新しい画家との出会いもありました。
フェルナン・レジェ
20061009003846.jpg

アンドレ・ランスコワ、アルチュール・ヴァン・エック。
素晴らしい画家でした。好みでした。

フェルナン・レジェは独創的。
アンドレ・ランスコワはあったかい。
アルチュール・ヴァン・エックは内面的。

そんな印象を受けました。

ただ、もちろん主役はモディリアーニ。
20061009003537.jpg

20061009003551.jpg

よかった。
モディリアーニの絵を見ると、すごくあったまります。
その人を「好きなんだなぁ」って思ってしまいます。
モディリアーニがなぜ目を塗りつぶすのか?
なんとなくわかったような気がしました。

ちなみにもちろんルオージョアン・ミロもよかったです。
20061009003832.jpg


「この人は天才だな」って思わされました。
(もちろん天才だらけの展覧会なのですが)



キュービズム、フォービズム好きは必見ですよ!!
俺はそんなでもないですが・・・。


リール美術館について(BunkamuraのHPから抜粋)
ベルギーとの国境に近い北フランス・リール市に隣接するヴィルヌーヴ・ダスク市にあります。
この寄贈作品の基盤は、ロジェ・デュティユールによる収集品で、美術愛好家としての彼は、
目利きの目で、好みのまま、どの流派とか稀なものとかは気にせず作品を選択していきました。
当時彼は、伝説的画商カンワイラーと交流し、誕生したてのキュビスムの作品を購入したことで知られています。また、購入したマティスの作品を売ってモディリアーニの絵画を買い求め、結果としてモディリアーニの大コレクターのひとりとなったのです。
スポンサーサイト
コメント
規模の経済と30代,40代の転職
規模の経済とは、事業規模が拡大するにつれて購買力が向上したり、製品当りの固定費負担が減少したりすることによって平均単価・平均費用が減少する結果、利益率が高まる傾向のこと http://chessel.catvtestchips.com/
2008/11/07(金) 07:26:54 | URL | #-[ 編集]
先使用主義で30代,40代の転職・就職
先使用主義とは、最も早く使用した者が優先権利をもつという考え方のこと http://theft.catvtestchips.com/
2008/11/08(土) 06:06:57 | URL | #-[ 編集]
えごま油のダイエット効果
えごま100g中には、αリノレン酸/56.0%、飽和脂肪酸・一価不飽和酸/25.4%、リノール酸系列/11.8%が含まれます http://mate.victoriaclippermagazine.com/
2008/11/28(金) 06:13:05 | URL | #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/146-e29b0486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。