M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検索エンジンマーケティング(SEM)の業界団体「SEMPO Japan」が、
4月20日に「日本におけるSEM利用状況調査」の結果を発表しました。

調査対象:Webマーケティング担当者103名
調査期間:3月15日~3月17日

■SEMの利用目的
商品・サービスの認知度向上・ブランディング:40.7%
企業の認知度向上・ブランディング:25.9%
実売:22.2%
資料請求・会員登録:11.1%

■検索連動型広告の入札価格が上昇し続けた場合の対策
コンバージョンの効率化を目指しサイトを改善する:42.6%

■決済権限者のSEMへの理解度
最優先事項として認識:24.1%
適度に興味を示している:64.8%
興味薄い:11.1%
関心なし:0%

■2005年度のSEOの予算調達方法
新規にSEOの予算を取得:31.5%
新規の予算とインターネット関連広告予算との混合:25.9%
新規の予算と他のインターネット関連広告予算と Web 制作費3点の混合:9.3%


SEMはすっかり定着していることがうかがえます。
決裁権限者も理解を示し、予算もしっかりと獲得できるようになっている。
なくてはならないマーケティング手法ということになってますね。

利用目的がブランディングが半数以上というのは、ちょっと「へぇ」と思いました。
素晴らしい理解がなされてるんですね。


■■SEMPO Japan(センポ・ジャパン、Search Engine Marketing Professional Organization)
検索エンジンマーケティングの認知度を高めその有効性を広く訴求するため2003年に米国で設立された非営利団体「SEMPO」の日本支部として、2004年8月に活動を開始。加盟社はアイオイクス株式会社、株式会社アイレップ、アウンコンサルティング株式会社、トランスコスモス株式会社、バリューコマース株式会社、ワサビコミュニケーションズ株式会社、AJPR(五十音順)。母体であるSEMPOには世界各国から443の法人・個人が加盟している(2006年3月現在)。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msvoice.blog35.fc2.com/tb.php/114-1d0ce4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。