M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
purado_main.jpg

6月10日に東京都美術館で開催中の「プラド美術館展」に行ってきました。

宗教画が多そうなので、正直そんなに乗り気ではなかったのですが、
好き嫌いは置いといてもこんだけの名画が揃うというのは、さすがにもったいないお化けが出てもおかしくないと思ったので行きました。

ほんとは6月中旬で終了予定だったのが、好評につき7/2まで延長ってことで、
メチャクチャ混んでました。
「播磨ゆかりの江戸絵画展」がガラガラだっただけに、
「人がうっとおしいことこの上ない」という素晴らしい状態に、
俺のイライラもいい感じになりました。

しかし、さすがの名画です。

宗教画が嫌いだろうがなんだろうが、感動するもんです。

81点もの名画は、ティツィアーノ、エル・グレコ、ベラスケス、ルーベンス、ゴヤといった
最高のアーティストの競演です。

中でも超有名なティツィアーノ作の
「アモールと音楽にくつろぐヴィーナス」。
20060614010138.jpg


・・・エロいです。官能です。
こう捉える俺がOKかNGかはわからないですけど・・・。
個人的にはティツィアーノは「サロメ」がやばかったです。
ものすごい妖艶でした・・。

一番よかったのはゴヤですね。
素晴らしかった!!
20060614010147.jpg


メチャクチャお気に入りになりました。
近代絵画に近くて、やはり俺は近代絵画が好きだなと再認識しました。


せっかくですので、皆さん行きましょうね!!

プラド美術館の名画が来るなんて滅多にないですよ!!
もしくはスペインへGO!!


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
B00006F1V5.01.LZZZZZZZ.jpg


良い映画でした。

浅野忠信主演のノンフィクション(一部フィクションかな?)で、
戦場カメラマン「一之瀬泰造」という実在の人物の映画です。

70年代初頭のカンボジアの動乱の最中に戦場カメラマンとして生き、
アンコールワットを目指して26歳で死んだカメラマンです。

若さゆえの狂気というか、挑戦というか。
そんな自由奔放な若さがビシビシ流れます。

散々人が死んでいくのを見つめながら、「自分には弾は当たらない」と豪語して、
戦場で危険を冒してシャッターをきる。
そしてその姿が、なぜかやたらと自然体で・・・・。

戦場なのに何故か泰造の周囲をゆったりと時間が流れる感覚。

「地雷を踏んだらサヨウナラ」という言葉を残して、
ひたすらにアンコールワットを目指す姿。
正しいとか正しくないとかそんなことではなくって、
ただ純粋なのかもしれません。

26歳で亡くなり、遺骨の一部は今でもアンコールワットを望む木の下に眠っているそうです。

■一之瀬泰造オフィシャルホームページ
http://taizo.photographer.jp/

■一之瀬泰造の映画のホームページ
http://www.teamokuyama.com/taizo/index.html

テーマ:日記 - ジャンル:日記
ちょっと古いニュースですが、というよりは更新してないからですね。

「mixiのバナー表示回数、Yahoo!に次いで2位」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/26/news084.html

萩原社長率いるネットレイティングスの調査結果によると、
「「mixi」のバナー(インプレッション数、家庭からのアクセス)が、今年2月時点でYahoo!JAPANに次いで2位に浮上」
だそうです。

■バナー表示回数TOP10(2月)
1.Yahoo!:446億9900万回
2.mixi:11億2300万回
3.エキサイト:6億300万回
4.infoseek:5億5100万回
5.価格COM:5億2100万回
6.goo:4億6700万回
7.EC NAVI:3億1300万回
8.Biglobe:2億8800万回
9.livedoor:2億8200万回
10.nikkei:2億6900万回


400万人超えて、SNSともなるとさすがにすごい。
あっという間に2位ですね。

しかも、mixiは、
「クリック率は0.04%と、Yahoo!(0.02%)の倍だった。」
そうです。
メチャクチャいい媒体じゃないですか・・。

さらに、
「バナー接触者数は223万4000人とYahoo!の15分の1、エキサイトの半分以下」
ということですが、囲い込んでる半数以上が接触しているというのはかなり脅威だと思いますね。
ユニークユーザー数は調査対象中235位だそうで、ほんとに恐るべしmixiです。

利用時間の長さが売りのSNSですが、
萩原社長によれば、今であれば利用時間の長さでも3位か4位になってるだろうとのことでした。
ちなみに、「mixiと同様、UUはそれほど多くないが総利用時間が長いサイトには、ハンゲームやイートレード、日本中央競馬会(JRA)などがある。」だそうです。

コミュニケーションでここまで来た、というのは日本ではまず間違いなく前例がないでしょうね。
ほんとにすごい・・・。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
久々の更新にも関わらず超抜粋です。
インプレス社の「インターネット白書2006」です。
お礼の意味を込めて、下のほうで思いっきり紹介しておきます。

↓抜粋元のニュースリリースです↓
http://www.impressholdings.com/release/2006/028/

■家庭からのブロードバンド利用者数 3,756万8千人 
昨年2005年2月時点は3,224万4千人で、前年比116.5%と着実に増えています。
また、自宅の機器から接続しているインターネット利用世帯のうち、ブロードバンドの構成比は72.2%となり、初めて7割を超えました。日本全世帯におけるブロードバンド普及率は、41.4%に達しています。

■日本のインターネット人口 7,361万9千人
昨年の2005年2月調査の7,007万2千人と比較して354万7千人増(前年比105.1%)と伸びは鈍化しており、2006年12月末では7,661万人となる見通しです。
  インターネット世帯浸透率(利用場所、接続機器を問わずインターネット利用者がいる世帯の比率)は85.4%となり、昨年の82.8%から2.6ポイント増加しています。また、インターネット世帯普及率(「勤務先/学校のみ」「携帯電話/PHSのみ」を除き、自宅の機器でのインターネット利用者がいる世帯の比率)は57.3%となりました。

<< 個人利用動向 >>

■SNSへの参加が昨年の2.6%から11.0%と4倍以上に急伸。インターネットを利用している20代の男女では4人に1人が利用(男性20代は26.5%、女性20代は27.6%)。82.6%はmixi(ミクシィ)を利用。

■ブログの認知は98.6%(昨年は91.4%)。このうち、「読んでいる」も含めて利用しているのは63.3%。認知者のうち25.3%は「自分のブログを公開している」と回答。10代、20代が中心である。

■RSSリーダーの認知率が64.8%と昨年の43.1%より21.7%上昇。利用率は14.8%(昨年は9.5%)、利用目的は「趣味の情報」と「報道ニュース」の取得

■インターネットの影響で利用が減ったメディアは、「地上波テレビ」(41.3%)、「雑誌」(37.5%)、「新聞」(29.4%)がトップ3。ニュースの情報源としても「新聞」より「インターネット」を重視。

■光利用者におけるIPTVまたはVODなどの映像配信サービスは、試験サービスも含め、11.0%が利用。トリプルプレイ(ブロードバンド回線によるデータ通信、IP電話、映像配信の3点セット)はまだ浸透せず、ブロードバンド利用者の4.5%にとどまる。(*3)。

■ワンセグの認知率は86.0%。利用意向は「今後1年以内に利用予定」が11.0%、「時期は未定だか利用する予定」も含めると認知者における利用意向は59.3%と高い。

<< 企業利用動向 >>

■企業の通信コストを「固定電話」「携帯電話」「IP電話」「インターネット」「それ以外」の比率でみると、「固定電話」が2005年の41.9%から33.9%へ、「携帯電話」が33.6%から23.1%へと下降しているのに対し、「IP電話」は0.8%から6.5%へ、「インターネット」が21.1%から30.3%へ上昇。

■企業のイントラネットにおいて、ブログは19.6%、RSSは13.0%、SNSは2.5%導入されている。いずれも、社外向けウェブサイト(ブログ16.3%、RSS 9.1%、SNS 0.5%)よりも導入率が高い。

■企業のセキュリティ被害経験は61.9%、昨年の74.9%より下降。今年初めて聞いた「コミュニティ、掲示板などによるネット告発」は3.6%が被害を認識。大企業ほど被害率が高い。


「インターネット白書2006」 概要
監    修 : 財団法人インターネット協会
発 売 日 : 2006年6月15日
仕    様 : A4変型判/本文408ページ
定    価 : 7,140円(税込み)
発    行 : 株式会社インプレスR&D

≪本件に関するお問合せ先≫
●メディアからのお問合せ、本書の内容・掲載データに関するお問合せ
株式会社インプレスR&D
白書・書籍編集部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
Tel: 03-5275-1087 Fax: 03-5275-9018
E-mail: im-info@impress.co.jp
URL:http://www.impressRD.jp


テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。