M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「播磨ゆかりの江戸絵画」展に行ってきました。

美術館はホテルオークラの大倉集古館。
初めて行った美術館ですが、外観が立派!!

TS320478.jpg


そして、人も少ない!!
美術館は人が少ないとどっぷり浸れて本当に最高です。

お目当ては伊藤若冲、長澤蘆雪。
メチャクチャ感動しました。見ごたえ十分です。

若冲の「双鶏図」「鶴図」はもう感動です。

20060501024749.jpg


この構図とユーモラスな雰囲気と大胆な筆使い。
天才・・・と思わずにはいられません。

また、蘆雪ですが、まずは「方広寺大仏殿炎上」。
びびりますよ。この構図には。

20060501024759.jpg


書画って縦長が多いですが、
その縦長を最高に生かして描けるのってほんと日本人ぐらいじゃないか!!
って思いますね。(中国はぶっちゃけ知りません)

もちろん若冲や蘆雪以外にも名品がズラリ。
円山応挙や狩野派など(私の知らない方も含め)素晴らしいです。

で、なぜに「播磨」なのか?
播磨は現在の兵庫県で、日本海、瀬戸内海と景観の美しさのため多くの文人墨客が訪れ、
素晴らしい書画や文学を残しているそうです。
そんな書画や文学をお持ちの兵庫県の旧家の方々の協力のもと、
今回の展覧会が実現したそうです。
なかなか表に出る機会のないものも出品されているそうですので、
是非行ったほうがいいです。

毎回、お勧めしていますが今回の展覧会は私の中でも相当なHITです。
人が少ないためじっくり見れるというものありますが、
若冲、蘆雪、応挙を筆頭に本当に名品揃いです。

いやぁ、マジ感動した!!

スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。