M's voice

継続は力なり 続けるって本当に難しいですよね。。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々、モバイルキャンペーンが行われ、
すっかりモバイルクーポンも普及してますね。
私も美術館に行くのにモバイルクーポンで100円引きされました。

そんなモバイルクーポンの記事です。

「モバイルクーポンで来店促進」(参照:japan.internet.com)
http://japan.internet.com/allnet/20060428/8.html

■モバイルクーポン活用のポイント
①距離
駅などからの距離、近さです。
遠いところまで行ってクーポンを活用しようなんて人はそうそういない、
ということです。
興味を喚起していない限りムリですね。

②習慣化
客が行ったことがある、たまに通っているなどの場合に効果があるそうです。
クーポン配布により来店頻度を高めることができるということです。

行ったことないのにクーポンを配っても、「どこ?」ってなるわけで
結局は興味を喚起してないと難しいということです。

ただ、距離よりは可能性はあがりそうですね。
「行ってみようか」と気軽感はありますから。


要は「近くて、行ったことある」。
最も適してるようです。

スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
「検索サイト利用のきっかけ」の調査結果です。

検索エンジン利用状況実態調査
http://i-real.jp/report/r12.html

調査会社:株式会社オプト、株式会社クロス・マーケティング
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の18歳以上のパソコン検索サイト利用経験者
有効回答数:無作為抽出 500サンプル
調査期間:2006年3月28日~29日

■検索サイト利用のきっかけ
○全体
 知人・家族から聞いて:40%
 テレビを見て:33%
 雑誌記事を見て:32%

○男女別
男性
1.新聞記事:37%
2.雑誌記事:36%
3.テレビ番組

女性
1.知人・家族から聞いて:49%
2.テレビ番組:35%
3.新聞記事

新聞広告・雑誌広告よりも、「記事」の方が割合が高いです。
記事のほうが話題づくりになるということになります。

また、やはり女性の方がクチコミは活発な感じがしますね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
今日は価格に関する用語集です。

■グロス
広告代理店業界で「グロスで計算」などとよく使われる。
グロスは利益込みの価格で、代理店マージンが既に折り込まれている価格です。
グロスとは「全て」という意味で、「全部込み込み」というニュアンスです。

■ネット
グロスとは対照的にネットは原価のことになります。
例えば、50万円で仕入れた媒体を広告主に100万円で売ると、
ネット50万円・グロス100万円ということになります。

■卸値
販売価格に卸率をかけたもの。1000円の商品の卸値が300円とすると、卸率は30%ということになる。小売店がメーカーや卸から仕入れる価格。

■仕切値(仕切価格)
メーカーから卸への出荷値(出荷価格)のこと。

メーカー→[仕切値]→卸→[卸値]→小売→[小売値]→消費者

■マージン
販売手数料や利ざや。
バックマージンというのは、メーカーや卸などが、商品を販売した後に価格を引き下げ、その差額分を代理店に返却すること。
代理店から見れば、正規の手数料以外に、販売額に応じて上乗せされる手数料という意味合いが強い。

■リベート
流通業者(卸や小売店など)は、メーカーから商品を仕入れて販売するわけだが、リベートとは、流通業者の取引高に応じて、メーカーがその仕入れ代金の一部を差し戻すことをいう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
面白いサービス見つけました。

「edita」
http://www.edita.jp/

ユーザーが複数のブログを集めてポータルサイトを作ることができるというサービスで、
「edita(エディタ)」というそうです。
アライドアーキテクツという会社が4月18日より公開しています。
もちろん無料です。

例えば「犬」に関するブログを集めて、
ペットフード、動物病院などのカテゴリ分けもできます。

「edita」利用ユーザーは「編集長」として活動します。
ユーザーIDではなく、まさに編集長IDと書かれています。
ひとつの本を作るイメージなんでしょう。
数々のブログはまさに「記事」ですね。

編集長はブログを集める際には、ブログオーナーに対して
事前に許可を取る必要があるようで、折衝も行って、まさに編集長気分ですか?

アライドアーキテクト代表取締役社長 中村氏は、
「editaのユーザーが編集長、ブロガーが記者や編集者となり、ひとつのメディアを作れる」
と述べています。

また、B2B販売も考えているようで、
既にゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)が採用を決めてるそうです。

面白いですね。
ブックマークするだけのブログリンクサイトではなく、
一つのメディアとして扱うわけですが、
広告はやはりアライドアーキテクツさんなんですかね?
広告はモチベーションになるような気がしますが。
一つの枠だけでももらえないですかね?

テーマ:日記 - ジャンル:日記
いい言葉がありました。

「SNSのFacebook、第3回資金調達で2500万ドルを獲得」
http://japan.internet.com/ecnews/20060421/12.html


アメリカのSNS「Facebook」がアメリカのベンチャーキャピタル「Greylock Partners」から
2500万ドルを獲得したというニュースです。
Facebookは数々の買収提案を持ちかけられ、中には20億ドルというものもあったそうで、
とても注目を浴びていました。

しかし、そんなにFacebookに価値があるのか?
という話に対して、Greylock のゼネラルパートナーDavid Sze氏は、
「20億ドルという金額は、意外な額ではない」と述べたそうで、

その理由が、
「Facebook は、インターネットで7番目に人気のあるサイトだ。
株式公開企業やその一部でもなく、また、高い買値が付いて株式公開企業の傘下に
入るわけでもない企業は、トップ10の中に1サイトも存在するとは思わない」

「Facebook が新興メディアにおける人気の形態というだけでなく、従来メディアが熱望するユーザー層の人気を獲得していると述べた。それは、18歳から24歳でインターネット経験豊富なユーザー層だ。」

「そのユーザー層は自己形成が進んでいく層で、自分が何になりたいか、
何を買いたいか、何をしたいかについて、自ら決定する層だ。
この年齢の時期は、扶養家族がなく、人生で最も裕福な時だ」


・・・なるほど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)が4月19日に「SNS視聴動向」を発表しました。

http://www.videoi.co.jp/release/newsrelease/20060419.html

3月のSNS訪問者一人当たり、
○月間平均視聴ページ数:約419ページ(Blogは97.2ページ)
○月間平均滞在時間:約2時間43分
○月間平均接触回数:約14.1回

全て最高水準だそうで、月間平均視聴ページ数がやはりすごい。
Blogの4倍以上です。
SNSの性質上、理解できますが・・・。やはりすごいですね。
このタッチポイントの多さは魅力ですね。

しかし、思うのは広告効果。
mixiの広告価格は「安い」と言われています。
その安さの根拠はなんなのか?
メディアの価値が高くないのか?
それともたまたまオピニオンリーダーであるmixiが安く設定しただけなのか?

誰か教えてください。


■■ビデオリサーチインタラクティブについて
ビデオリサーチインタラクティブはインターネットオーディエンス測定事業、インターネット広告の第三者配信事業を中核に調査事業全般を展開しております。 インターネットオーディエンス測定事業の中心は「Web Report」というインターネットオーディエンスデータの提供です。日本のテレビ視聴率を提供しているビデオリサーチのノウハウを継承し、日本のインターネット利用動向情報を2000年からご提供しております。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
検索エンジンマーケティング(SEM)の業界団体「SEMPO Japan」が、
4月20日に「日本におけるSEM利用状況調査」の結果を発表しました。

調査対象:Webマーケティング担当者103名
調査期間:3月15日~3月17日

■SEMの利用目的
商品・サービスの認知度向上・ブランディング:40.7%
企業の認知度向上・ブランディング:25.9%
実売:22.2%
資料請求・会員登録:11.1%

■検索連動型広告の入札価格が上昇し続けた場合の対策
コンバージョンの効率化を目指しサイトを改善する:42.6%

■決済権限者のSEMへの理解度
最優先事項として認識:24.1%
適度に興味を示している:64.8%
興味薄い:11.1%
関心なし:0%

■2005年度のSEOの予算調達方法
新規にSEOの予算を取得:31.5%
新規の予算とインターネット関連広告予算との混合:25.9%
新規の予算と他のインターネット関連広告予算と Web 制作費3点の混合:9.3%


SEMはすっかり定着していることがうかがえます。
決裁権限者も理解を示し、予算もしっかりと獲得できるようになっている。
なくてはならないマーケティング手法ということになってますね。

利用目的がブランディングが半数以上というのは、ちょっと「へぇ」と思いました。
素晴らしい理解がなされてるんですね。


■■SEMPO Japan(センポ・ジャパン、Search Engine Marketing Professional Organization)
検索エンジンマーケティングの認知度を高めその有効性を広く訴求するため2003年に米国で設立された非営利団体「SEMPO」の日本支部として、2004年8月に活動を開始。加盟社はアイオイクス株式会社、株式会社アイレップ、アウンコンサルティング株式会社、トランスコスモス株式会社、バリューコマース株式会社、ワサビコミュニケーションズ株式会社、AJPR(五十音順)。母体であるSEMPOには世界各国から443の法人・個人が加盟している(2006年3月現在)。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
行ってきました。「最澄と天台の国宝」展。

t_image02.gif


場所は東京国立博物館。
ついこの前に「書の至宝展」に行ってきたばかりの博物館です。

今回の展覧会は天台宗開宗1200年記念ということですが、
日本の美術史の中で仏教というものは避けて通れない美術である、
という認識をさせてくれます。

005yakushi_zensui.jpg

008kifudou.jpg


「全国各地の天台宗系寺院に伝わる仏像、仏画、書跡など、国宝31件、重要文化財100件を含む166件の名宝を一堂に集め、大規模な仏教美術展を開催します。」
という質・量ともに申し分ない展覧会です。

正直、びびります。
素晴らしい仏像の数々、マジびびります。
木材でこんだけのことができるのか!!と思います。
衣装の質感もさることながら、四天王など大迫力でメチャクチャかっこいいです。

前に「ニューヨーク・パークコレクション展」に行ったときに
快慶の作品を見て衝撃を受けたのですが、
秘仏と呼ばれる滅多に公開されないようなものから、
国宝、重要文化財の仏像や仏画などが一堂に会しているというのは
滅多にあるもんじゃないのでは?

仏教については全然わからないのですが、
圧倒されることは間違いないと思います。
5月7日まで開催していますので、皆さん足を運んでみてください。
間違いなく感動します。

ちなみに、同時に常設展示に初めて行ったのですが、
さすがは国立ですね。ものすごいです。
宗教関連から浮世絵、屏風絵まで素晴らしい展示です。
1日で見切れないような量です。

広重や北斎、尾形光琳など、
日本文化に改めて感動を覚えます。


■最澄■
200602tendai_tpo200.jpg

伝教大師・最澄(767-822)は平安時代の僧で、唐の天台山に登って教えを学び、
日本の比叡山延暦寺を開いた天台宗の開祖。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
団塊世代が続々とブログを書いてるそうです。

「ネットへようこそ、団塊世代 専用サイトなど続々」(参照:産経WEB)
http://www.sankei.co.jp/news/060416/bun040.htm

団塊世代をターゲットとしたブログサービスが開設されているそうです。

「団塊の世代は今後、在宅でパソコンに向かう時間が増え、ネットが自己表現や情報入手の手段として重要になるとみられるだけに、多様なサービスが展開されそうだ。(頼永博朗)」

もっともな意見です。
テレビでもよく見る風景ですね。団塊の世代がパソコンを購入して何かをやろうとする風景。

団塊の世代の退職数は約330万人と言われ、
電通の発表によると、消費押し上げ効果は7兆7,762億円!!
波及効果全体では、15兆3,233億円!!

そんなインパクトを持つ団塊世代の退職、
インターネット業界も黙っていませんね。

様々な企業が動いています。

凸版印刷「Re:log」
http://relog.jp/

Nifty「語ロ具」
http://golog.nifty.com/

もちろんその他ブログ以外でもYahoo!やAllAboutなど
団塊世代はこれからインターネットで盛り上がりますね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
女性心理の記事がありました。
あまり真新しい情報ではないのですが、備忘録として。

「女性ならではの消費者心理にフォーカスする」(参照:japan.internet.com)
(著者: アウンコンサルティング株式会社 執筆:黒田真梨子)
http://japan.internet.com/busnews/20060413/8.html

エビちゃんなんかの着てる服がやたらと売れてるなんてのはよく聞く話です。
「エビちゃん系」なんて言葉もあるとかないとか。

有名人の誰かが着てるから、っていう理由は古今東西あります。
記事中で挙げられれてる、

ケリー

モナコ王妃グレース・ケリーのバッグ⇒エルメス「ケリー」
バーキン

女優ジェーン・バーキンのバッグ⇒エルメス「バーキン」

なんてのは男の私でも知ってるくらい有名な話です。

どこの企業も女性をいかに取り込むかというところを重点において、
F0層、F1層なんて言葉は腐るほど聞いてます。

実際、どこぞのマーケティング会社(不明)によると、
「消費の8割は女性が握っている」
という情報まであるぐらい商品の中心は女性なのです。

今も昔も「女性」ですね。
エビちゃん、使いましょう!!

テーマ:日記 - ジャンル:日記
SNSの勢いが増しています。

BLOG及びSNSの登録者数(2006年3月末現在)(参照:総務省)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060413_2.html

■総務省発表
BLOG登録者数:868万人
SNS登録者数:716万人


前回の発表では、2006年3月末には約500万人予想だったのですが、
フタを空けてみると約700万人の獲得。
当初予想よりも200万人も多いことになります。

mixiが1日に1万5千人獲得しており、早々と350万人突破してること。
大手が参入していること(Yahoo、楽天)。
各社が日々新しいSNSを開始していること。
無料でSNSを構築できる会社もでてきていること。
SNSの知名度があがったこと。

などなど、要因は数知れません。

SNSは顧客囲い込み的要素が高いですから、各社も我先ととなっています。
遅れるということは、客を失うということになります。
特に携帯はユーザビリティの問題上、なかなか複数のSNSをやるということは
考えにくいような気がします。
(PCだと複数サイトを切り替えることは簡単です)

競合してる分野だとその様相はますます加速します。
楽天がやるとなると、他のEC業者もやらなければなりません。

早い者勝ちです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記
おもしろい記事発見です。

「ブログとマスメディアの境界を崩すBlogBurst」(参照:ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/10/news014.html

アメリカのPluckという会社が「BlogBurst」というサービスを開始したそうです。

内容は、以下。
「新聞社や出版社にブログ論評を配信するサービス。新聞社はブロガーの独自の視点を、ブロガーはトラフィックを手に入れられる。」

どのようなブログかというと、新聞社が専属スタッフを持たない分野で、
「旅行、女性問題、テクノロジー、食物、エンターテインメント、地方ニュースなど」
だそうです。

ブロガーは、新聞社や出版社にブログを提供した見返りとしては、
新聞社、出版社で取り上げられることによる宣伝効果から広告収入が増えるとのこと。

BlogBurstは、ブログの評価、編集といった品質管理を担当するという。


裏を返せば、ブログが新聞や出版物の役割を担っているということを、
分野が違うにせよ、新聞社や出版社が認めたということですね。
(認めざるを得ないとは思いますが。)

それを体現してるのが「All About」だったりするのでしょうか?
これからますますブログのジャーナリズムは増していく様相ですね。

楽しみです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
20060411014521.gif


4月9日に藤田嗣治展に行ってきました。
2006年は藤田嗣治の生誕120年ということで開かれた展覧会です。

http://www.momat.go.jp/Honkan/Foujita/

一度見たら忘れられない油絵とは思えないほど
細い一本線と、油絵とは思えない平坦な絵の表面。

そして、透き通るような肌。
この藤田の肌は「素晴らしき乳白色」の肌と言われ、
今でも誰にも真似できないと言われています。

そんな藤田の絵は、初めて見てから気になる画家でした。

jiga_01.jpg


さて、そんな藤田の絵画約100点が内外から集められています。
ただし、藤田について「これが藤田だ!!」って思っている方は
少し驚くかもしれません。(俺のことです。)

戦争画から宗教画まで描き、「素晴らしき乳白色」も姿を潜める作品まであります。
(私はさすがに戦争画はつらかったです。)

しかし、やはりパリ時代の作品は素晴らしい!!
ほんとに吸い込まれそうなぐらい透明です。
あまりの美しい肌に惚れそうになります。

20060411014449.jpg

20060411014435.jpg


「五人の裸婦」、「タピスリーの裸婦」、「ライオンの構図」など、
女性たちに惚れます。「素晴らしき乳白色」の肌に惚れます。

是非、足を運んでみてください。

「ピカソやマティス」と並び賞されると絶賛された日本人です。
世界が認めた日本人の素晴らしい絵画を自身の目で感じ取ってください。

日本人の才能は欧米に負けません!!

テーマ:日記 - ジャンル:日記
Googleが携帯電話への広告を始めました。

「Google初の携帯向け広告スタート」(参照:ITmedia NEWS)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/07/news101.html

2006年4月7日にGoogleが携帯電話向けの広告を開始しました。
なんと携帯電話向けは初ということです。

名称は「Googleモバイル広告」。

http://services.google.com/adwords/mobile_ads_jp
以下の機能は、上記Googleサイトからの抜粋になります。

○お客様の携帯サイトにユーザーを誘導することができます
○『Click-to-call』機能により、ユーザーはモバイル広告から直接お客様に電話をかけることが可能となりました。 (お客様が携帯サイトをお持ちでない場合でも、ユーザーとの通話が可能です)
○8,000万を超えると言われる携帯ユーザーの中でも、特に有望な見込み顧客にアピールできます
○1日の広告予算の調整、設定をすることができます
○ユーザーがお客様の広告をクリックした場合、または[電話]をクリックした場合のみお支払いが発生します
○広告をすばやく簡単に作成し、編集できます

といった機能で、直接電話するというのはいいですね。
まさに携帯ならでは。
PCを持たない携帯ユーザーの獲得、PCを持っているが携帯が主というユーザーは、
結構いると思うので、これからますます伸びていくでしょうね。

直接電話するというのは、ネット広告としてはちょっと違和感ありますが、
一番ストレートで、一番契約しやすいかもしれませんね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
LogoDotcom.gif


今日は驚きニュースがありました。
アメリカのモンスターSNS「MySpace」が日本進出だそうです。

↓MySpace.com
http://www.myspace.com

MySpaceは音楽系のSNSで、アメリカで会員6,000万人、PVは235億PV、という破格のSNSで、
去年の7月にはメディア王ルパート・マードック氏のニューズ・コーポレーションに
5億8,000万ドルで買収されています。

MySpaceは14歳から会員登録でき、
音楽や映画情報、さらには著名人(マドンナとか)までもが参加しており
若者から圧倒的な支持を得ています。

そんなMySpaceの日本進出をトム・アンダーソン社長は、
「今年末までには日本上陸を果たしたい」
と述べています。

今後MySpaceの日本進出となると、インパクトは大きそうです。
何せ、金がある!!
アメリカと同様に著名人を集めるだけでもファンとしてはたまらないわけですし。
しかも、MySpaceはかっこいい!!
カスタマイズもかなりできて自分色を出せますので、
アメリカのMySpaceはとにかく「Cool!!」。

日本のmixiやGreeとは異質なものでありながらも、相当な競合になるでしょうね。
そもそも日本のSNSの割合では29歳以下が半分を占めてるというデータもあります。
若者向けのMySpaceは完全にぶつかります。

300万人突破のmixiもドキドキものですね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
「クーポン・割引券の利用調査」が発表されました。

いつもお世話になってる株式会社インフォプラントさんです。
http://www.info-plant.com/dl/research/mobile/2006/060404-218.pdf

調査会社:株式会社インフォプラント
調査方法:iモードサイト「とくするメニュー」上で行ったオープン型調査
調査対象者:全国のiモードユーザー
調査期間:2006年3月7日-2006年3月14日
有効回答人数:6,846人 (男性 33.5%、女性 66.5%)

■普段、クーポン・割引券をどのくらい利用しますか?
週に1回以上:6.1%
月に2、3回位:26.9%
月に1回位:25.4%
2、3ヶ月に1回位:20.5%
半年に1回くらい:9.4%
それ以下:8.5%
利用したことない:3.3%

結構利用されていますね。
週に1回からつきに1回までで5割を超えています。
クーポンはやはり提供する価値はありそうです。

男女別だと、利用頻度は女性のほうが多いです。
年齢層別だと、
男性が19歳以下を1位に、20歳代、30歳代と減っていくのに対して、
女性は19歳以下から40歳代まであまり変化がありません。

さすが女性です。


■次のうちのどこから入手したクーポン・割引券を利用したことがありますか?(複数選択)
チラシ・ダイレクトメール:63.3%(男性55.1%:女性67.3%)
フリーペーパー:55.0%(男性42.7%:女性61.0%)
携帯インターネット:47.3%(男性47.0%:女性47.5%)
店頭:45.7%(男性43.2%:女性47.0%)
雑誌:35.5%(男性38.1%:女性34.2%)
携帯へのメール:26.5%(男性26.9%:女性26.2%)
PCへのメール:4.0%(男性6.0%:女性3.0%)
その他:6.3%(男性6.6%:女性6.1%)

実は意外なチラシ・ダイレクトメールが1番多かったです。
ついでフリーペーパー。
実はフリーペーパーが一番多いかと思ってましたが、
一度買った店などから来ることや、タイムリーに配布されることでは、
チラシ・ダイレクトメールが一番リーチするものかも知れませんね。

男女別の2番目は、男性は携帯インターネットが多く、女性がフリーペーパー。
3番目は男性が店頭、女性が携帯インターネット。


■クーポン・割引券を利用するとしたら、どのような場所で利用したいですか?(複数選択)
飲食店:78.7%
ファーストフード:68.7%
映画館:51.0%
CD・レンタルビデオ店:50.0%

飲食店は強いですね。
ちなみに、男女で差があらわれたのは、
百貨店・スーパー、食料品店、衣料品店は女性の方が利用したい意向が強いようです。

実に面白い調査でした。
ありがとうございました、インフォプラントさん!!

■感謝の気持ち■
株式会社インフォプラントについて
インターネット・リサーチのリーディングカンパニーであるインフォプラントは、インターネットや携帯電話をリサーチ・ツールとして活用し、お客様のマーケティング活動における調査の企画から設計・実査・集計・報告までをトータル・サポートしています。
また、自社のパネル・ポリシーに則した、信頼できる質の高い25万4千人(2006年1月現在)へのリサーチが可能です。
インフォプラントでは、今後も延べ53,000件を越える数多くの調査実績を生かして、更にクオリティの高いサービス提供をいたします。



テーマ:日記 - ジャンル:日記
楽天リンクスの説明がありました。

http://www.rbbtoday.com/news/20060404/30055.html
(参照:RBB Navi)

キーワードは「コミュニティ」と「アフィリエイト」だそうです。

SNSコミュニティから、アフィリエイトを利用して楽天グループサイトへ
集客させるという狙いだそうです。

グループ内で購買行動の全てを完結させるというのが狙いのようです。

SNSは一人当りのPV数が他CGMを圧倒しています。
そこでユーザーを囲い込んでおき、アフィリエイトを仕掛ける。
そして、アフィリエイトから楽天グループサイトで購入。
購入したユーザーがまたSNS内でアフィリエイトを仕掛ける。
こんな状態でしょうか。


「基本的には「楽天広場ユーザ・楽天会員のためのSNS」ということが第一義であり、mixiやGREEなどとは競合にはならないとの考えだ。」

と言ってはいますが、実際はかなりの数がかぶってると思うのですが・・・。

ECを筆頭にいろいろなサイトを持っている楽天がSNSをやるのは
やはり強いという気はします。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
QRコードネタ第2弾です。

まずはNTTドコモが2006年3月31日に公開した
「QRコード対応携帯電話に関しての調査」です。
http://japan.internet.com/allnet/20060331/3.html
(参照:japan.intarnet.com)

もちろん対象はドコモユーザー。

ドコモのQRコード対応携帯電話ユーザーで
「これまでにQRコードを見たことがある」が96.3%だったそうで、
認知に関しては申し分ないようです。

「見たことがある」と回答したユーザーのうち
「実際に利用したことがある」ユーザーが69.9%だそうで、
利用数に関しても7割と、こちらも申し分ないです。

ドコモの公開したレポートでは
「普及状況は一定水準以上に達している」としているようで、
そのとおりだと思います。

私もつい半年まで知らなかったですが、
今ではかなり使いこなしてます。
やはりURLを打たなくてもいい、反応がよい、というのは
使い続ける理由になっています。


さらに別の記事です。

「デザインQRコード登場」
http://japan.internet.com/busnews/20060403/3.html
(参照:japan.intarnet.com)

新世界という会社が2006年4月3日に開始したサービスが、
「QRコードの模様に任意のイラストを入れられるカラーQRコード「デザインQR」作成サービス」
です。

既存のQRコードと互換性をもっているそうで、
ターゲットは「携帯サイト運営者」だそうです。

QRコードが普及しました宣言を裏付けるようなニュースでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。